So-net無料ブログ作成

BRIEFING GOLF CR-5 CART CADDIE BAG [ゴルフ]

00.jpg
1.jpg
2.jpg
3.jpg
BRIEFING CR-5 CART CADDIE BAG

1月に購入したOUULのスタンドバッグは、デザインが気に入っていたですが、
表面の素材が柔らかくて、いとも簡単に傷がついてしまいそうだったので、早々に買い替えました。

(BRIEFINGを購入したのは3月末ですが、記事にするのを忘れていました)

BRIEFINGは丈夫なコーデュラナイロンが使われているので、耐久性は抜群。

デザインは一般的なカートバッグそのものですが、長く使うにはシンプルな方が良いかなとも思います。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

53th Japan Golf Fair 2019 [ゴルフ]

0.jpg
 53th Japan Golf Fair 2019

1.jpg
今回はN.S.PRO Regio Formula B+とM+がお目当て

会場に到着してすぐに試打の整理券(10:45-11:00)をゲットしました。

2.jpg
N.S.PRO Regio Formula B+とM+の50g台のSとRを試しました。


M+の方が弾きが良いように感じましたが、データが良かったのはB+のRでした。

3.jpg
N.S.PRO Regio Formula B+ 55R

4.jpg
N.S.PRO Regio Formula M+ 55R

N.S.PRO Regio Formula B+は前モデルのBよりも硬くなっているそうで、フレックスはRで良さそうです。

5.jpg6.jpg
Volvikのニューモデル

Volvik独特のマットコーティングの質感が好きなので、一度使ってみたいと思っています。

7.jpg
マット繋がりで(笑)

8.jpg
KAMUI TP-X 使ってみたいヘッドです。

9.jpg
以前使っていた時計ブランドのブースで気になるキャディバッグを発見

10.jpg
I.T.Aのブースで見たのはOMNIX GOLFのキャディバッグでした。

11.jpg
好みのパーツを組み合わせることができる組み立て式のキャディバッグだそうです。

気分によって着替えるキャディバッグ、ありそうでなかったですね。

12.jpg
ラヘラゴルフ テキスタイルが良い感じ。

ネットで調べてみましたが、残念ながらこのモデルは販売されていませんでした。

13.jpg
本日の収穫

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

新沼津カントリークラブ [ゴルフ]

昨日は春の嵐が吹き荒れる中でのラウンドでした。

雨と風が凄すぎて、写真を撮ることもできずじまい。

グリップは滑るし集中力も続かず、スコア(103)も散々な結果、3桁に乗ったのは何年ぶりか覚えていません。

これ以上、特に書くこともないので、ラウンド記録ということでアップ[もうやだ~(悲しい顔)]

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

MaxSoul SuperiorDriver 445Ti Basileus δ @GOLFZON 58ゴルフクラブ [ゴルフ]


今日はボールの上がり具合に問題はありませんでした。

Basileus δ(デルタ) は50g台にしては全体的にシッカリ目で、叩いても左には行きづらいのがGood!です。

その代りに漫然と振ってもシャフトが掴まえてはくれませんので、スイングが良くなる気がします。

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

MaxSoul SuperiorDriver 445Ti [ゴルフ]

0.jpg
1.jpg
3.jpgMaxSoul SuperiorDriver 445Ti 10°

2.jpg
45inch D0 309g

新品のヘッド(198g)を入手して、BUDDY EpisodeAに付いていたBasileus δを付け替えました。

BUDDY Episode Aは飛距離が出るヘッドでしたが、重心距離が長いせいか少し右へ飛びやすく、
もう少しだけ掴まりを良くしたいと思い、重心距離が短めのMaxSoul 445Tiに替えてみました。


前半3スイングはRODDIO AMORPHOUS SLIM、後半3スイングがBasileus δです。

狙い通りに程よい掴まり具合になりました。

Basileus δ(手元調子)とRODDIO AMORPHOUS SLIM(先中調子)は、
調子の違いから特性は真逆だと思いこんでしましたが、ABマップでは同じDタイプだとわかりました。

道理で違和感がないわけです。

ただRODDIOの方が先端剛性が低い分、掴まりは良いです。

同じMaxSoulでも顔つきは若干違って、445Tiは以前使ったことがある450Tiとソックリな顔をしています。

打感はどちらも柔らかく、動画でもわかると思いますが音は微妙に違います。

打球の初速データは殆ど変わらず、球の上がりやすさもほぼ同じ、掴まり具合が微妙に違う位です。

今日で52歳になりましたが、クラブの進化(特にシャフトの進化?)のおかげで、
40台前半の頃よりも今の方が飛距離が出ており、40台後半以降飛距離はほぼ変わらずにキープできています。

自分に合ったシャフトやヘッド(重心特性)もわかってきたような気がします。

半年位前から思考錯誤しながらスイングを少しずつ変えてきていますが、だいぶ固まってきました。

シャフトはDタイプのもので固定して、スイングを固めていきたいと思っています。

nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

BUDDY Episode A / Basileus δ [ゴルフ]

0.jpg
1.jpg
BUDDY Episode A

ロフト表示はありませんので見た目の判断ですが、10〜10.5°位だと思います。

ソールは少し使用感がありましたが、クラウンとフェースは綺麗でした。

ヘッドにも興味はありましたが、なんと言っても↓のレアなシャフトに惹かれました。

2.jpg
3.jpg
Basileus δ(デルタ) 45.25inch 309g D2

Basileus δはABマップのDに分類される手元調子の粘り系シャフト

これまではどちらかと言うと先が動くA系のシャフトを多く使ってきましたが、
最近は手元側がしなる方が振りやすいと感じるようになってきました。

フェード系のスイングに変えようとしているからかもしれません。

エースシャフトのRODDIO AMORPHOUS SLIM 65Smoothは掴まりが良く、
フェードを打とうとして掴まりすぎて左にミスすることが気になっていました。

Basileus δは購入したお店のSKY TRACKで20球位打って一度も左に引っかかる球が出ませんでした。

逆に右にプッシュすることはありましたが、RODDIOと特性が真逆のシャフトを使ってみて、
どちらが自分に合っているか試してみようと思いました。


左角の柱を1本目として、2本目と3本目の中間より少し右目がFWセンターという想定で打ちました。

3本目の柱に重なるように打ち出す球は少しプッシュアウト気味ですが、その球の初速が一番出ていました。

RODDIOと打ち比べましたが、交互に打ってもタイミングがおかしくなることはなかったので、
シャフトの基本特性は異なっても、しなり戻りのタイミングに大きな違いはないのかもしれません。

強いて言えばRODDIOの方がしなり幅が大きく少し掴まりが良い感じ、
Basileus δは自分で掴まえないといけませんが、逆に左に巻きにくいので安心感があります。

どちらもタイミングがあったときの振り抜き感は爽快です。

Episode AはDAT系のヘッド特有の弾きの強さを感じますが、打感はとても良い感じです。

ヒール寄りに芯を外すと打音が明らかに高くなり、打感も硬くなるのでミスがわかり易いヘッドです。

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

北浦和ゴルフセンター [ゴルフ]

0.png
北浦和ゴルフセンター 打席数15✕2(1F/2F) 約80ヤード

道路を挟んで向かい側にあるゴルフ・ドゥ北浦和店に良く来ていたので、
この練習場があることは前から知っていましたが、利用したことはありませんでした。

先日、ゴルフ・ドゥ北浦和店に試打クラブレンタルシステムがあることを知り、初めて利用してみました。

気になる中古クラブ(2本まで)をレンタルして、北浦和ゴルフセンターで試打できるシステムです。

レンタル料500円、練習料は別途(土日1F1球10円、打席料300円税別)です。

ゴルフ・ドゥ店内の試打室にはSkyTrackが置いてありデータ計測はできるのですが、
ありえないボール初速(70m/s超え)が出ることがあり、データを水増ししているような気がしたので、
実際の弾道を見てみることにしました。

練習場としては小規模ですが、ボールの質が良いようで、いつもの川口グリーンゴルフよりは初速が出ます。

試打クラブとマイクラブをGST-5で比較してみると、明らかにマイクラブ(MaxSoul S03D)の方が初速が出て、
方向性も良かったので、やはりSkyTrackの結果はあまり参考にならないことがわかりました。


コースボールに近い打感が良かったので、今日も練習しに来てみました。

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

OUUL RIBBED COLLECTION 5WAY STANDBAG RB6ST [ゴルフ]

0.jpg
1.jpg
OUUL RIBBED COLLECTION 5WAY STANDBAG RB6ST

OUULはオウルと読みます。

2017年にPGAショーでデビューした、まだ新しいブランドです。

いきつけのゴルフショップに超軽量(1.2kg)のモデルは置いてありましたが、
ショルダーは2点式の方が好みで、収納力もそれなりに欲しかったので軽量タイプは避けました。

2.jpg
独特なデザインとブランドロゴを主張していないところが気に入りました。

5.jpg
3.jpg
スタンド式ですが、底部は通常のキャディバッグのような形をしています。

4.jpg
独特の折れ曲がる構造はオウルの特許だそうです。

ネットゴルフショップのお正月の特売でかなりお得な値段で購入できたのですが、よく見ると少し問題が。

6.jpg
本来縫い目がある場所に縫い目がありませんでした。

すでにタグも取ってしまったので、返品や交換の交渉するのは面倒なことになりそう。

問題の箇所の近くにあった解れ糸を引っ張ると5cm位あったので、この糸を使って補修することにしました。

7.jpg
少し苦労しましたが、パッと見ではどこが補修箇所かわからないようにはできました。

読書で使っているメガネ型ルーペが役に立ちました。


キャディバッグを買い替えた理由は、A3のトランクに入れやすくするためですが、
A3のトランクはスペースの狭さだけでなく、なぜか天板に突起物があることが大問題。

9.jpg
8.jpg
天板のウーファーを固定するためなのか、ご覧のような黒い突起状の部品が飛び出しています。

この突起がキャディバッグなどを傷つけてしまいそうなので、対策を考えました。

10.jpg
ドイトで画像のようなゴム部品を購入して嵌めてみたらピッタリでした。

11.jpg
こちらも対策が必要。

しかしアウディはなんでこんな設計にしたのか?

突起の先端は少し丸みがあるとはいえ、荷物だけでなく、それを取り出そうとする手に当たることも考えられます。

12.jpg
ゴムパッキンを嵌めてみましたが、こちらは突起が短いせいかすぐに取れてしまいます。

ゴムが接着できる接着剤で固定する事も含めて、対策を検討中です。

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

栃木カントリークラブ [ゴルフ]

昨日から年末年始休暇がスタート。

最強寒波の襲来で極寒のなか、栃木カントリークラブでラウンドしてきました。

0.jpg
東コース1番ホール 

練習する時間もなく、ぶっつけ本番のスタートでしたが、ティーショットは真っ直ぐ飛びました。


スコアはIN(東コース)45/OUT(西コース)43 Total88

ドライバーの調子は良い方でしたが、強風と寒さで集中力がなく、アプローチとパットが全く駄目でした。

栃木カントリークラブは3回目のラウンドで、
西→中(17年1月)、中→東(18年1月)、東→西(今回)全コースを回りました。

スコアは西→中82、中→東87、東→西88でしたが、中→東が一番回りやすかった気がします。

次は中→東で80切りを目指します。

nice!(13)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

Hitachi 3Tours Championship 2018 [ゴルフ]

2年ぶりにHitachi 3Tours(ヒタチ・スリーツアーズ)の観戦に行ってきました。

0.jpg

ギャラリー駐車場は会場から少し離れたナスパ・スタジアム

1.jpg

大会HPには会場までバスで30分位かかると書いてありますが、距離的には15分弱で着きます。

出発までの待ち時間も5分位でした。

会場には9時前に到着、目当ての今平/石川組のスタート(9:05)にギリギリ間に合いました。

ただ、すでにティグラウンドには人だかりができていて良い場所から観られなかったので、
2番ホールのセカンド地点(すぐ後ろが3番ティ)に先回りしました。

2番に着いたときにちょうど2組目がセカンドショットを打つところだったので、
それを観て、3番ホールのティショットがよく見える場所で待つことにしました。

3番ティではJGTO男子プロ(稲森/クロンパ、池田/時松、今平/石川)全員のティショットの弾道を
真後ろから観ることができました。

今平は中断道の完璧なストレートボールで上手さを感じました。

やはり印象的だったのは石川遼のボール初速でした。

このホールでは右に低く打ち出されて途中から浮き上がっていく綺麗なドロー回転の弾道でした。

5番でもティショットも観ましたが、ここでは右にせり出た木があったからか高い打ち出しのドローボールでした。

見た目のティの高さはどちらも同じくらいで少し低めでしたが、打点を変えて打ち分けているのだと思います。

3番と5番で男子プロの迫力あるティショットを観て満足したので、チャリティパターチャレンジへ

プロが練習したあとのパッティンググリーンに作られた3ホールを、
アンダーパーでまわることができれば、ボール1スリーブが貰えると言うイベントです。

プロ向けのセッティングでパッティングする機会はとても貴重、
ただ今回は物凄く速いと言う感じではありませんでした。

1、2番はパー、3番にバーディを取ることができたので、ボール1スリーブをゲットしました。

その後、9番グリーン脇で昼食を食べながら午前の1st STAGEを見届けたあと、ジュニアレッスン会へ

2.jpg
今回の会場はドライビングレンジでした。(前回はOUTコースのフェアウェイの一部でした)

3.jpg
4.jpg
右肩が前に出る癖があるので、それを修正されていました。

人工芝のマットもありましたが、あえて芝の上から打たせてもらえるレッスンは貴重です。

大人向けのレッスン会も企画して欲しいですが、大会の趣旨にそぐわないですね。

5.jpg
パターチャレンジの賞品はZ-STARでした。

今年は三井住友VISA太平洋マスターズでレギュラーツアーの緊張感が楽しめましたが、
ギャラリーの多さから、どうしても見る距離が遠くなってしまう感じがありました。

Hitachi 3Toursは緊張感もありますが和やかな雰囲気もあり、
レギュラーツアーよりはギャラリー数が少なめで選手との距離が近く感じられるので、
来年もまた観に行きたいと思いました。

ただギャラリー向けのイベントはどの試合でも同じような感じなので、もう少し工夫して欲しい気もします。

来年に期待します。

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感