So-net無料ブログ作成
検索選択
アウディA4 ブログトップ
前の10件 | -

愛車買い換え作戦進行中 その4 [アウディA4]

一昨日の晩にA4の下取りについて書くつもりだったのだが、

仕事の都合で帰りが遅くなったため今日になってしまった。

今日は最終的な商談まで行ったので、まとめて書くことにする。

まず下取りについて。

見積もりを取ったのはアウディ、レクサス、ラビット(買い取り専門店)の3店。

結果はアウディ、ラビットが120諭吉。レクサスが125諭吉だった。

レクサスのみカーナビを加点した査定だと言うから、ナビ無し前提だと3店とも同じ査定ということだ。

ネットで申し込んだ実車を見ない買い取り査定でも110~130だった。

最近は、ITの普及により、どこの店も最新のオークション相場に基づいて査定額を出しているそうで、

どこで査定を出してもほとんど違いはでないですよ、とラビットの店員が言っていた。

ちなみにアウディでは距離が標準なら160で取るだそうだから、

4年で6万kmも乗ると過走行でかなり評価が下がるということだ。

そんななかアルファロメオは130+20諭吉ということでダントツの好条件。

+20は6/30までのキャンペーンによるもの。

それがなくても他より+10でも高く評価してくれるのだから、

今回は素直にアルファを買えと言う天の声だろう。

今回、本格的に購入モードになったのは、アウディの下取り額を聞いてから。

このまま距離が伸び続ければ、下取り額の下落がさらに加速してしまう。

ならば+20のキャンペーンをやっている今しかない、というわけである。

明日、スポルティーバの試乗車(広報車だそう)を用意してくれることになっているが、

今日は試乗車がないというので、展示車を今一度チェックし、商談を進めた。

最終的にエクスクルーシブの場合は、現金値引き+下取りキャンペーン

メンテナンスプログラム(コンプリート)無料を合わせて、

実質、約70諭吉引きになった。

スポルティーバはメンテナンスがスタンダード(点検とオイル類の交換だけ)で

値引き総額はほぼ同じ、支払い額でエクスクルーシブより5万円高となった。

他車を競合させてかけひきを行なうのも購入時の楽しみではあるが、

特殊なクルマなだけに比較に適したクルマがなく、比較することはしなかった。

しばしの雑談のあと、セールス氏の気持ちでこれ以上出せないと言う条件を出してください、

と頼んで出てきた条件が満足のいくものだったので、即OKした。

あとは明日、エクスクルーシブかスポルティーバと、カラーを決めるだけ。

インテリアカラーはレッドだと納期が9月以降になるというのでパス。


即納のナチュラルに絞られた。

ボディカラーは、

ストロンボリ・グレーにするか、


ハラマ・ブラックにするかはまだ決めていない。

スポルティーバを見て乗って、グレードも含めてどうするか。悩ましい~。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

愛車買い換え作戦進行中 その3 [アウディA4]

商談については特に進展が無いのだが、グレードとカラーの選択で悩みまくっている。

クルマは買うまでが最高に楽しいときと良く言う。

その通りかもしれないが、こんなに悩ましいのは初めてで、

早く楽になりたいような、もっと時間をかけたいような・・・ どっちなんだ状態。

まぁ楽しいのは当の本人だけなので、今日の日記は、

1.同じ悩みを楽しんだ方
2.同じ悩みをこれから楽しむ予定の方
3.他人の幸せを自分のことのように素直に喜べる方

に読んでいただければ共感していただけると思うが、

そうでない方は不愉快になるだけであることを、あらかじめ断っておく。

さて、ターゲットはすでにわかる人にはわかっていると思うが、Alfa GT

2.0Lと3.2Lのモデルがあり、2.0Lにはノーマルモデルと、

充実装備のエクスクルーシブという仕様がある。

3.2Lの新車は予算オーバーなので、ターゲットは2.0L。

グレード選択で悩ましいのは、4月に発売された限定100台のスポルティーバの存在。

詳細はリンク先をご覧いただきたいが、装備的にはエクスクルーシブ並みで、

価格はノーマル仕様と同等という大変お買い得な設定。

さらに専用デザインのシート、ホイールなどが装備され、かなり魅力的。

ただでさえ希少な車種の希少な限定車とくれば真っ先に飛びつきそうなものだが、

悩みの原因は支払総額がエクスクルーシブの方が安くなってしまうことだ。

その理由は2つ。

スポルティーバ以外ではナビ/ETC(30万円相当)が無料になるキャンペーンをやっていて、

ナビ/ETCは不要なので、これは要らないと言ったら、代わりに車検までの定期点検や

指定された消耗品の交換をやってくれるメンテナンスプログラム(コンプリート20万円)

を付けてくれると言う。

さらにスポルティーバ以外は下取り査定額に20万円が上乗せされるキャンペーンも適用されるため、

車両価格はエクスクルーシブの方が20万円ほど高いのに、

支払い額はエクスクルーシブの方がスポルティーバより20万円ほど安くなるのだ。

一応、スポルティーバにもメンテナンスプログラムをつけてくれないか頼むつもりだが、

それを受け入れてもらえても悩ましいのは、スポルティーバにはシートヒーターがつかないこと。

Alfa GTは全車本皮シート。本皮シートは冬冷たく、夏暑い。

夏はどうしようもないとして、冬はシートヒーターが非常に快適なことを体験上知っている。

限定のカッコよさを取るか、快適性を取るか。

若かりし頃なら多分悩まずに、カッコよさを取ったんだろうが、もうすぐ40なのもので・・・。

これに加えて、いや掛け算でカラーの選択が絡んでくるから、悩ましいの2乗状態。

スポルティーバを選べば、ボディとインテリアのカラーはブラックで確定。悩みは無い。

エクスクルーシブの場合は、ボディをシルバー、グレー、ブラックのどれにするかで悩むし、

インテリアはナチュラル(タン)、レッド、ブラックで悩む。

ナチュラルやレッドは子供が汚しそうで怖い。

でもせっかくAlfa GTを買うなら、普通のブラックは何となく選びにくい。

スポルティーバのブラックインテリアは赤のステッチが入る特別な仕様なので別)

と、こんな感じで、おーいに悩んでいるわけである。

こんなどーでも良い告白にお付き合いただきありがとうございました。m(__)m


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

愛車買い換え作戦進行中 その2(早速番外編) [アウディA4]

今日は休暇を取って次男の誕生に係わる役所の手続きや野暮用を済ませた。

時間は充分に余るので、せっかくだから空いている平日にディーラー巡りをしたかったのだが、

月曜日は皆揃って休みばかり。

唯一、レクサスだけは営業していたので買う気は無いが行ってみた。

(ちなみに定休日は火曜日)

レクサスは歩いても行けるくらい近所。

でも冷やかしでは入りにくい雰囲気があるので、昨年8月のOPEN以来訪れるのは初めて。

ちまたで言われている通り、接客は丁寧すぎるくらい丁寧。

いちいち名前を言いながら、

「お待たせいたしました。」「ありがとうございました。」

などと挨拶されるのは、なんかわざとらしく感じてしまう。

喫茶店ばりのドリンクメニューがあるのもちょっとビックリ。

レクサス車が対象かはともかく、実際に購入検討中なので、引け目も感じることがなかったせいか、

感じのよい音楽が流れていて、居心地は良かった。

肝心のクルマだが、一応目当てはIS250のVersionS。

早速、試乗車に乗らせてもらった。

エンジンは軽く吹け上がり、なかなか良い感じ。でも優等生すぎるかな。

高速で試してみたい気はする。

足回りは硬めで好みだが、感心するほどでもなかった。ロードノイズは煩い。

ボディサイズの割りに室内は狭い。特に天井が低く、圧迫感がある。

内装はプラスチッキーで質感はトヨタ車そのもの。

せめて銀色の部分は全て本物のアルミを使って欲しい。

サービスがコミコミということを考慮すると価格的にはライバルより安いと言えるが、

自分にはナビやG-LINKはいらないし、やはり購入意欲は沸かない。

(関係者およびオーナーの方 気を悪くしないで欲しい。個人の好みの問題なので。)

購入後のサービス(代車の手配や後付の電装品の電源を取るための情報など)について聞くと、

クレームや要望などには不満が無い対応をしてくれそうだったが、

(実際は?だが)クルマ以外のサービスにコストをかけすぎているような気がしてならない。

例えば代車は原則としてレクサス車を用意するそうだ。

どうしてもクルマが足りないときには最悪マーク2クラスになることもありますが・・・

と恐縮しながら言っていた。

まぁ「こんな安いクルマをよこしやがって!」と怒る客が居るのは想像に難くないが。

一度は見ておきたかったレクサスだが、もうしばらく行くことはないだろう。

ちなみに今注文しても納車は9月以降だそうだ。

(この通告の時点でせっかちなTOMOYURI的には終わってる)

バックオーダーをかかえている上に仕様変更があり、ラインを止めているんだそうだ。

変更内容はカラーや細かい仕様の見直しのようで、カラーの話が笑ってしまった。

ホワイトがちょっと変わるそうだが、理由が「トヨタ車と同じホワイトは嫌だ」という顧客のクレームだと。

おいおい、本当か?

天下のレクサスのセールスが嘘などつくまい。

世の中にはこの理由を聞いてかえって幻滅してしまう客がいるとは想像できないでしょうな。

過剰なほどに顧客最優先のブランドと、わかる人にだけ売れれば良いブランド。

どちらがお好みだろうか。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

愛車買い換え作戦進行中 その1 [アウディA4]

我がA4も購入してから来月で丸4年になる。

少し前にちょっとした故障はあったが、今は運転席のウィンドウを開けるときにギシギシいうくらいで、

クルマ本来の機能的にはほとんど不満が無い。

デザインもいまだに見るたびに 「カッコイイ」 と思ってしまうほど洗練されていると思っている。

なのになぜ買い換え作戦進行中なのか?

それは4年経ったから。

ん、答えになってない?

まぁこの複雑な心情をすべて書くと、かなーーり長文になるので端的に述べると、要するに

新しいクルマが欲しいだけ なのである。(単純じゃん)

A4を買うまで乗ったクルマはすべて3年弱(レガシィRSだけは3年と少し)で乗り換えてきた。

よって4年も乗るなんてTOMOYURI的にはすごいことなのである。

(全く自慢にもならない・・・)

しかし時限装置のように3、4年経ったからさぁクルマを買い換えよう、

ということではなく、いつも大体きっかけがある。

今回はドイツで新型アウディTTが発表されたこと。

 
めちゃくちゃカッコいい。 

このTTの記事が出始めて雑誌やWEBサイトを熱心に見るようになって以来、

もう気分は買い換えモード突入!

しかーし、この新型TTは年末にならないと日本では買えない。

そんなに待てないし、価格的に手が出なさそうなことが予想される。

で、今日は、一応もうすぐ旧型になってしまう、

こんなのを見に行ってみた。

モデル末期のお約束である特別限定車も興味があるし、以前代車で乗って、

ちょっと欲しくなったこともあったので。 

分かってはいたのだけど、実際あらためて確認したところ、家族4人で乗るには後席が狭すぎる。

で、2ドアクーペなのに大人が4人乗れて実用性があり、

デビュー当時から新型TTと同じくらいデザインが気にいっていて、

街で見かけたら必ず振り返ってしまう、

こんなのも見てきた。

やはり写真で見るより実車は抜群に良い。

しかも下取り+20万円キャンペーン中で、

よりかなり条件が良いと来てる。

このままだとちょっとヤバイ。(何が?)

残念ながら今日は試乗車が無く展示車しか見られなかったので、来週試乗車を用意してもらう予定。

ターゲットの試乗車は無かったのだが、兄弟車の147と159には試乗させてもらった。

おっとターゲットが分かる車名を書いてしまった・・・ 

(どうせわかるのになぜ隠す?)

147でセレスピード初体験。

セールスマンは同乗せず、どうそ好きなだけ乗ってきて良いですよ、

というので遠慮なく楽しませてもらった。

ちまたで言われているように、自動的にシフトするCITYモードは違和感が若干あったが、

自分でシフトする分にはアクセルワークでスムースなシフトも可能で、

想像していたよりはネガティブな印象は抱かなかった。

むしろまたMTを楽しみたいという気持ちと、

ATの安楽さを両立するシステムとしてはちょうど良いのかも。

試乗時に低速でセレからと思われるメカニカルな音(異音?)

が結構、聞こえることに気がついた。

セレの作動をイメージしながらだったので、乗っているときには悪い印象は持たなかったが、

これが自分の所有車で、長く付き合おうと思うと、気になるのかもしれない。

果たして改良がなされていると言うターゲットではどうか。

一方、159はLH(左ハンドル)のMT車。

LHは生まれて初めて乗った。慣れれば問題は無いと思ったが、

やはり所有するとなるとLHは何かと不便そうで、積極的に選ぶ気持ちにはならなかった。

なにより159はでか過ぎてうちのマンションの駐車場には入らない。

そんなわけで、

のエクステリアデザインや、

ベースが147とは思えない、
のグッドな雰囲気にもやられてしまっているのは明らかで、

来週の試乗で早くも作戦終了になってしまう気配も漂っているが、

ちょっと頭を冷やして、他のクルマ(BMW、MB、SAAB、LEXUSなど)

も見てみろ!と自分に言い聞かせていたりする。

ドイツ車乗りが、イタ車に乗り換えて故障とうまく付き合っていけるのか?

一般的にはこう思われるのだろうが、318iもマイナーなトラブルはたくさんあったし、

そのまえのレガシィはそれこそ毎月のように入庫していた。(大げさではない)

A4は定期点検以外はほとんどお世話になることもなかったが、

点検のついでに治してもらうようなマイナーなトラブルはちょこちょこあった。

今は、リスクはある程度覚悟して、子供が小さいうちに楽しめるだけ楽しみたいっていう気分。

(ってもう決まったかのような台詞かよ。)

とりあえず来週に請うご期待。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

オートサロン [アウディA4]

昨日、オートサロンに行ってきた。報道・業界関係者のみ入場可能な時間帯だったのに、かなり混んでいた。実はオートサロンに行くのはこれが初めて。毎年この時期は仕事が忙しく(見学も仕事なんだが)、行く機会が無かった。

オートサロンと言えばド派手なコンパニオンのコスチュームに注目が集まるのだろうが、一応、仕事なので例によってそのような写真は無いのであしからず。かと言って、仕事のために撮った写真を載せてもつまらないので、ダンロップにあったA4とミシュランにあったアルファGTを載せておく。(オートサロンぽく無くて申し訳ない)

会場では服部尚貴、CG誌の編集長、TV東京のキャスター氏などを見かけた。(他にも業界関係者はたくさんいただろうが)13:00以降は一般の特別招待客が入場してきてさらに混雑してきたのだが、直行直帰の手前、すぐには帰れないので地味な部品メーカーを中心に散策し、混雑をしのいだ。疲れた割りに仕事の参考になったかと言うと・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

モーターショー4 [アウディA4]

昨日も行ってきた。土曜日ということでサイバーナビ君は首都高が混むことを予想し6:30頃家を出ろとのことだったので、その通りでたら予想に遅れることたった5分の8:10頃到着。我が子ながらよくやったと褒めておこう。

さずがに4回目ともなるとほとんどのブースを見てしまったので、将来買い換える可能性があるアウディ、アルファロメオ、BMWだけを見た。最近は説明員以外の仕事も忙しく体の疲れが溜まっているので、休憩時間の半分は椅子に座って仮眠をとるという情けない状態。有り難いことにモーターショーでは出品者専用の食堂と喫茶ラウンジがあり、いつも大体空いているのでフルに活用させてもらった。食券が支給されるのだが、妻に頼んで弁当を持参し、浮いた食券で疲れた体を癒すため、ケーキやコーヒーを頂いた。これが大変おいしかった。

さて過去の日記ではクルマの話がほとんどなかったので、ちょっとだけ。
TOMOYURIはB6のA4に乗っているが、B7の顔はどうも好きになれない。が、それはノーマルのデザインの話で、RS4の顔はすごくカッコよく見える。

 

ノーマルだとライトの部分に違和感があるのだが、RS4のバンパー形状だとそれが感じられなくなる。もしB7に買い換えるとしたらRS4ルックにすることになるのかも?


モーターショー3 [アウディA4]

モーターショーレポーターと化しているTOMOYURI。今日は見学が目的で、一日かけて全部廻ってきた。ただ自社のブースの様子を見に行ったら説明員が全員接客中のようで、コンパニオンさんからHELP要請があり、私服でお客様に説明するはめになってしまった。(苦笑)

今日は予定通りアウディのオーナー限定ラウンジに行ってコーヒーをご馳走になった。某掲示板でケーキを食べたという話があったが、ケーキではなくチョコレートがでてきた。(品切れ?)あとは扇子とB&Oのカタログを頂いた。

今日は平日にもかかわらずかなり混んでいた。終盤の駆け込み見学なのだろうか。メッセのすぐ脇の駐車場は昼前の時点で満車だった。係員の誘導に従って他の駐車場に向かっていたところ、途中の看板に「Pこの先3km」とあり、そりゃ遠すぎると思って方向転換し、事前の下調べで頭にあったマリンスタジアム脇の駐車場に向かった。意図的なのか、マリンスタジアム脇の駐車場への誘導看板はなく、あまり知られていないせいか空きがたくさんあり、すぐに停めることができた。会場で会った同僚の話では、駐車場に停めるのに1時間かかったそうだ。料金も併設駐車場は1日900円だが、こちらは1日600円と割安。メッセへは歩いて10分ちょっととそれほど遠くないので穴場だと思う。


モーターショー2 [アウディA4]

今日は車で会場に行った。日曜日は首都高が空いていて、電車で行くより早い。とは言え、何があるかわからないので少し早めに出たら、何も無くて集合時間の50分くらい前に着いてしまった。(^^;)
一般の人にとっては開場時間の約1時間半前になるのだが、駐車場は半分以上埋まっていて、入場口には長蛇の列ができていた。

この前行った日(金曜日)は入場者が6万人くらいだったらしいが、昨日は倍以上の13万人も来たそうだ。今日も凄く混んでいて、仕事も大変忙しかった。

聞くところによるとアウディのブースにはアウディオーナーがキーを見せると入れる専用のラウンジがあって、お茶が飲めるのだそうだ。休憩時間に余裕があれば、是非コーヒーでも飲ませてもらおうと思っていたのだが、そんな余裕は無かった。あと二回行くので、どちらか一日は是非、そのラウンジに行ってみようと思っている。

モーターショーと言えばコンパニオン目当てのカメラ小僧が(小僧とは言えないお歳の方も)たくさんいらっしゃる。10年ちょっと前から毎回モーターショーに(基本的に毎回仕事で)行っているが、コンパニオンが時折撮影を断っているのを初めて見て驚いた。聞くと他社でも同様の対応をしているところがあるとのこと。接客で忙しいときに明らかにコンパニオンの撮影だけが目的と思しき場合には断っているようだ。まぁよく考えれば接客のためにコンパニオンを雇っているのだからそれが普通。
またビデオ撮影は忙しくなくても断っているそうだ。これについては接客の合間に根掘り葉掘り聞けなかったのでちょっと理由がわからない。これについても後二回のうちに聞いてみたいと思っている。


モーターショー [アウディA4]

忙しくて更新が滞ってしまった。

さて、10/21(土)から楽しみにしていたモーターショーが開催されている。が、入場者数が例年よりもかなり少ないそうである。主催者は開催期間の延長で、来場者が分散した効果が出ているとコメントしているようだが、クルマへの関心が(特に若年層で)下がっているという見方もあるようだ。

いずれにしてもクルマ好きの自分にとって空いているのはありがたい。仕事で4日間(ほぼ一日おき、かなりハード)行くことになっているので、休憩時間中に目当てのブース制覇は容易にできそうだ。

最初は10/28(金)、愛用のCanon 20Dでたくさん写真を撮ってこようと思っている。(広角レンズが欲しいなぁ)


クーラント漏れ [アウディA4]

オイル漏れの点検のため月曜日からディーラーに預けてあったのだが、昨日連絡がありクーラントが漏れているとのこと。色が茶色だったのでてっきりオイルかと思っていたのだが。
車検前までに3年目以降の一般保証を延長していれば当然無料修理になったのだが、結局延長していないので修理には6万円弱かかる。延長料金は5.7万円(免責なし)なので、延長しておけばよかったと思っても後の祭り。漏れの程度は小さいので今すぐどうこうということはないらしいが、放っておくのは気分的に良くないので修理してもらうことにした。
ブレーキ、DV、水漏れと車検を取った直後に何だか立て続けに色々起きてくれる。マーフィーのなんとかというやつだろうか。


前の10件 | - アウディA4 ブログトップ
メッセージを送る